みんなが安全に暮らせる

プライバシーを守ろう

入居者にだって、プライバシーがあります。
勝手に自分の部屋に、他人が侵入したら嫌な気持ちになります。
個室にカギが付いていれば、他人の侵入を防げます。
シェアハウスを経営するなら。個室にカギを付けることを忘れないでください。
カギは、トラブルの防止に繋がります。
貴重品を自分の部屋に置いて、盗まれるというトラブルが起こったら大変です。

まずは、一緒に暮らしている仲間を疑わなければいけません。
その後、貴重品が見つかったとしても、再び仲良く暮らすのは難しいです、
シェアハウス内が、気まずい雰囲気になるでしょう。
貴重品は部屋において、しっかりカギを掛けることを徹底させてください。
それならトラブルが起こりいません。

さらに安全性を高める方法

通常のカギでは、ピッキングされる恐れがあります。
シェアハウス内にそんなことをする人はいないと思いますが、万が一の事態を考えてください。
カードキーにすれば、ピッキングされることはありません。
安全なシェアハウスを作るなら、個室のカギをカードキーにしてください。
個室のカギを全部交換すると、お金が掛かります。

ですが入居者がたくさん増えて賃料を徴収できれば、利益が大きくなるので妥協しないでください。
カードキーは紛失しても、再発行するのが難しいです。
入居者にカードキーを渡す際は、失くさないよう注意を呼び掛けてください。
紛失したら、自分のお金で弁償するという決まりを作っても良いでしょう。
前もって、決まりを伝えてください。


この記事をシェアする